HJ文庫

ギャルスレイヤーだけどギャルしかいない世界に来たからギャルサーの王子になることにした

https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/hjbunko-novel/images/2016080815284511998.jpg

カワイイで世界は作れる

作者:白乃 友 / イラスト:necömi

伝説的カリスマギャルを姉に持つ主人公・奈々倉瑠衣(ななくらるい)。姉への複雑な思いはいつしかギャルに対する怒りに変わり、漆黒のスーツを纏いギャルを退治する『ギャルスレイヤー』として渋谷・原宿に降臨するようになる。ある日、願いが通じたのか突然渋谷・原宿の町が滅亡し、平原と化した……ただ1台のプリクラ機を残して。『神のプリクラ』と呼ばれ、ギャルの聖地化したプリクラ機を破壊すべく、三号玉の花火を持って原宿の地に立ったギャルスレイヤー。しかし誤って自分に向けて発射してしまい瑠衣は命を落としてしまう。その後転生を果たした瑠衣が目覚めた世界はギャルしかいない異世界「サヴァンギャルド」だった。

作者コメント
本作は、読者グランプリ用に一から書かせて頂きました。書くにあたって、ギャル系雑誌を何冊か読んでみたのですが、やはり馴染みの無い単語も多く、「知らないアニメの資料集を読んでるみたいだな」と思ったものです。不思議でした。ギャルは実際、現実にいるけれど遠くて、現実じゃないアニメの様に感じると、こんな自分には逆に身近で。ギャル好きの方にもギャル好きでない方にも、「ギャルスレイヤー」、よろしくお願いします。
最新話を読む
最終更新/09月09日

目次

  1. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その1
  2. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その2‐1
  3. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その2‐2
  4. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その3
  5. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その4
  6. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その5
  7. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その6
  8. 第一章 ギャルサーの神に向かって撃て その7
  9. 第二章 ビショップ・リリー・スナップ その1
  10. 第二章 ビショップ・リリー・スナップ その2
  11. 第二章 ビショップ・リリー・スナップ その3
  12. 第二章 ビショップ・リリー・スナップ その4
  13. 第二章 ビショップ・リリー・スナップ その5
  14. 第二章 ビショップ・リリー・スナップ その6
  15. 幕間 革表紙ごと破られた日記
  16. 第三章 ギャルスレイヤー・イン・ザ・ミラー その1
  17. 第三章 ギャルスレイヤー・イン・ザ・ミラー その2
  18. 第三章 ギャルスレイヤー・イン・ザ・ミラー その3
  19. 第三章 ギャルスレイヤー・イン・ザ・ミラー その4
  20. 第三章 ギャルスレイヤー・イン・ザ・ミラー その5
  21. 第三章 ギャルスレイヤー・イン・ザ・ミラー その6
  22. 第三章 ギャルスレイヤー・イン・ザ・ミラー その7

この作品へのコメント

投稿者:テルさん
投稿日:2016年09月25日

面白かったです。
笑えて、考えさせられるいい話でした。

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。テル様、コメントありがとうございます! 笑って、楽しんで、少しでも心に残る物語だと思って頂けたなら、作者としてそれに勝る喜びはありません。応援、感謝致します!
投稿者:伏美花束さん
投稿日:2016年09月21日

おもしろかったです。
この転生の仕方はワイルドすぎる。
キャラも濃くて楽しいです。
頑張ってください。

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。伏美花束様、コメントありがとうございます! 転生、楽しんでいただけたなら、主人公も爆散した甲斐があったと思います! キャラクター達も好きになっていただき、作者として万感胸に迫る思いです! 読んでいただき、真にありがとうございました!
投稿者:亜久さん
投稿日:2016年09月14日

思い切りが良すぎるタイトルとぶっとんだあらすじにつられて最後まで読了しました。
ドタバタコメディに異能力バトル。いろんな要素があって楽しめました。
ギャリィのキャラが好きです。変身ヒーローみたいな人が異世界転生するっていうのも斬新でした。
応援してます。

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。亜久様、コメントありがとうございます! 実は最初に考えたタイトルは「ギャルスレイヤーだけどギャルサーの王子になることにした」でした。それに対し、少し長いな、と思考錯誤した結果、もう少し長くすれば一周回って良くなるのでは? という発想に辿り着き、今のタイトルに至ったという経緯があります。なので、思い切りが良いと評価して頂き、すごくホッとしました。ギャリィ、好きになって頂けて嬉しいです。しっかり者を自負しているけれど穴だらけ、というような主人公が昔から好きだったので、自分でそれを書かせて頂き、かつ、こうして気に入 っていただけたのは感無量です。応援、ありがとうございます!
投稿者:曲書木さん
投稿日:2016年09月13日

キャラ、コメディ、伏線からのどんでんがえし、どれもユニークでした!

異世界転生モノならではのギャルとオタクの物語になっているのがすごいなと思いました。

エンディングも、満足感ありました。こう来たか、というめずらしい感じでまとまっていて、美しかったです! きちんとエスコートしてあげられることを読者として祈ってます。

欲をいえば、最後にもう一度、シェリリーが見たかった……笑 すきなキャラだったので。

そして最後まで、マルコがマルコ過ぎて良かったです。

連載お疲れ様でした。

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。曲書木様、再度の応援コメントありがとうございます! ヤツも、誰かをエスコートして歩くのは初めてだろうと思いますが、不器用ながら真摯にやってくれるはずだと、作者としても信じてます。シェリリー・シュシュ……再登場を期待して下さるほど好きになって下さり、ありがとうございます! あの「女子力系中二病」的キャラは私も気に入っているので、もし機会があれば、またどこかでぜひ御目にかけたいです。お姉ちゃんはきっと、この後もずっとお姉ち ゃんのままブレることはないでしょう(笑)。エンディングまで読んで頂き、ありがとうございました!
投稿者:のなめさん
投稿日:2016年09月07日

独特の文体が、読んでいて面白いです。

聖書が携帯小説となっているくだりは、一番笑いました。

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。のなめ様、コメントありがとうございます! 文体、気に入って頂けたのでしたら真に光栄です! ケータイ聖書のくだりも楽しく読んで頂けたと聞き、嬉しい気持ちでいっぱいになりました! あのシーンの、聖書に纏わるお姉ちゃんの暴走っぷりや、それに対するルイのキレ方は、私も凄く気に入っていたので。これからの展開もぜひ、お楽しみください!
投稿者:曲書木さん
投稿日:2016年09月03日

予想外の犯人にまさかの衝撃でした。
続きも楽しみにしてます。

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。曲書木様、コメントありがとうございます! ついに明らかになった「犯人」は異世界に何をもたらすのか……今後の展開も、お楽しみ下さい!
投稿者:赤銀さん
投稿日:2016年09月02日

最新話どんでん返し、すごい面白いです! 
正義だとか、愛だとかで悩む主人公はよくいますけど、こんな風な葛藤を抱えた主人公は初めて見ました。応援してます。

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。赤銀様、コメントありがとうございます! どんでん返し、評価して下さり非常に嬉しいです! 主人公の抱える奇妙な葛藤が、果たしてギャルしかいない異世界で癒され得るのか……ぜひ、引き続き応援してやって下さい!
投稿者:ヒキノさん
投稿日:2016年09月02日

昨日の話の引きから、 ?! て感じだったんですが、今日の話で伏線すげえええええてなりました!驚いた!確かに最初から読んでみると、「真相」は「そう」だとしか思えないんですよね!ネタバレになるかもしれないのでちょっとぼかしますが、とあるキャラの「どれだけ時間をかけたって他所の誰かにわかってたまるか」って文章にぞくっとしました。自分もあのシーンはただ笑いながら読んでしまってたので……これからどうたたむのか楽しみにしてるので頑張って下さい!

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。ヒキノ様、コメントありがとうございます! 第三章のサプライズ、楽しんで頂けて本当に良かったです! 作中にちりばめていた様々な要素が一つになって、キャラクターの内面に還元されていくシーンであり、作者としても思い入れが強く、気持ちよく読んでいただけたなら、冥利に尽きる想いです! 引き続きご期待下さい!
投稿者:のんさん
投稿日:2016年08月23日

イラストがダントツに可愛かったので読んでみたのですが、強烈なインパクトのあるストーリーと、圧倒的な文章力、なのにギャル言葉、というギャップにハマってしまいました!お姉さんがいいキャラしてます。展開が全く予想できない物語は久しぶりです。これからの更新も楽しみにしています!

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。のん様、コメントありがとうございます! necömiさんのイラスト、素晴らしいですよね! 私も最初に見た瞬間、「イメージ通りの、さらにその上を行くクオリティだ」と感動しました。ストーリー、キャラに対する多大な評価、身に余る光栄です! 今後も、マルコは登場するたびにお話を引っ掻き回してくれる予定なので、これからの展開にもぜひ、ご期待下さい!
投稿者:プラン思惟さん
投稿日:2016年08月23日

最新話まで、読みました。

お姉ちゃん、イイキャラしてますね(笑)

特に昨日と今日の更新分、笑わせてもらいました。嫌いあってるとかいいながら良い姉弟漫才(笑)
私だけだろうけど、どこかクレしんを思い出させるノリの会話で面白かったです。

他の方もおっしゃってますが、この冒頭は確かにインパクトありますね。冒頭で解き明かされるべき物語の謎を提示するっていうのはよくありますけど、ダイナミックかつ、ギャルってテーマに合った天変地異。

あと、イラストすごい可愛い……

これからも楽しみにしてます!

コメント返信:HJ文庫編集部
作者の白乃友です。プラン思惟様、コメントありがとうございます! 笑っていただけたなら、筆者として何よりの幸せです。クレしん……というと、クレヨンしんちゃんですか! 良いですよね、クレヨンしんちゃん。劇場版で言えば、私は「雲黒斎」や「ヘンダーランド」が好きです。なので、執筆中は意識していませんでしたが、もしかするとプラン思惟様の言う通り、知らない内に影響を受けていたという可能性は十分考えられますね。necömiさんのイラスト、本当に可愛いですよね。激しく同意です! これからもどうぞ引き続き、お楽しみください!